がんばれコンサルタント! 第552話:何かをやるのに悩んだ際、必ず考えるべきたった2つのこと

●最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー5月、7月(東京)…受付中。絶賛90回以上の開催。「オンデマンドWEBセミナー」は、深夜早朝も随時参加でき好評です。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●特別講座ご案内

がんばれコンサルタント!600号突破を記念して、「実学コンサルタント商売」ベーシック講座<全12回>を開催いたします。くわしくは、「コンサルタント講座」をご覧ください。

●最新刊のご案内

最新刊『コンサルタントのための“キラーコンテンツ”で稼ぐ法 〈新装版〉』『売れるコンサルタントになるための営業術〈新装版〉』、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

「ゴトウさん、いま独立を考えているんですが、どうしていいものか悩んでしまっていて…」── 先般、当社のオンデマンドセミナーをご利用いただいた方からの、個別相談の際のお言葉です。

どうしていいものか…というのは、「独立する」「やっぱりやめる」…という、よくある悩みの話です。ただ、よくある話ではあっても、当然ながらご本人にとっては「人生がかかっている話」です。

この手の話のとき、考えるべきことがあります。それは、「自分は何をしたいのか…?」ということです。余りにもシンプルなことですが、この問いに自分はどう答えるのか…によって話は大きく違ってきます。

そんなことくらい… と、言わんばかりにつっかかるようにしてきた人もいました。シンプルな問いだけに、考えたことくらいあっても当然かもしれません。

しかし、「自分が出した答えと正直に向き合っていますか?」と続けて伺ってみると、さきほどの勢いはどこへやら、「う~ん…」と唸って静かになったりします。答えは出しているのに、その答えと自分で戦って悶えているのです。

もちろん、自分が思ったり考えた通りにさっさとやっていくことができれば、これほど世の中簡単なことはないでしょう。まさに自由自在で思った通りにやって~ですから、悩みなんてまずないハズ…。

でも、実際には色々な壁や障害があったりして、なかなか思うような行動が取れない…。だから悩んでいるというハズです。そう、そもそも論ですが、「何もしたくないと思っているのに、それで悩んでいる」という人はまずいないということです。

多くの人の悩みとは、単純化して言えば、「何かを得たいが、その失敗が怖い」ということにつきます。失敗に伴って、なんらかの「失うものが発生する」からこそ、考えてしまうのが、悩みの本質と言えるでしょう。

だからこそ、まず考えるべきことがあります。「失敗によって何を失うのか?」ということと、「では、成功確率を上げるためにはどうすればいいのか?」という超がつく現実的な2点です。

とかく、感情論で物事を考えがちな人がたまにいますが、「怖い」という感情に対して、感情で答えを出そうとすれば、これは永遠に解決がつかないと思ったほうがいいでしょう。一時的に「やれる!」と思ったとしても、翌日に、「でもやっぱり大丈夫かな?」と思った瞬間にグラついてしまうからです。

重要なことは、「自分がグラつかないための判断」です。これは、当然ながらコンサルティングにおいても、ビジネスにおいても同じことが言えるでしょう。だからこそ、現実的な考え方が必要となってくるのです。

ひるがえって、「そもそも何を失うのか?」これを真面目にゼロベースで考えてみることです。独立起業という大きな話であっても、根本的には命を失うような話は常識的に考えてありません。あるのは「おカネ」の話が大半であり、勤めていた会社における地位や何かの待遇などがあれば、それらが無くなる話だったりします。

このことを正しく理解することが大切です。ここを蔑ろにしておいて、あとは「なんとかなる!」的に考えている人がたまにいますが、家族がいる場合、少なからず影響を与えることになりますし、根本的なところで、しっかり応援してもらうためにも自分が理解していなければ、その協力の説明すらおぼつかない、ということが起きてしまうからです。

そしてもう一段階、重要なことは、これらの替わりになる「自分が欲しい、報われるもの」を得るための、その成功確率を上げるためにはどうすればいいのか? ということを真面目に考えましょう…ということです。

このとき、最も注意すべきは、「おカネそのものに意識がいく」ことです。おカネがこれだけ必要だから…と、その工面や用立てのために毎月のようにアルバイトを始める…というような、嘘のようなことを本当にやり始める人がたまにいるからです。

冷静に考えれば、飲食店を始めるとしても「美味しい料理と接客、経営感覚」などがなければ、繁盛させるには相当苦戦することは誰にも分かる話でしょう。これを一から自分で時間をかけて試行錯誤しながら積み上げていくとしたら、この人の成功確率はどうなるか? という話です。

趣味でやっているのなら試行錯誤も楽しみの一つでしょう。しかしビジネスで考えるとき、時間の消耗こそ、もっとも恐れるべきことにも関わらず、多くの人が目の前のおカネと天秤にかけて判断を間違うケースが多発するのです。

時間を消耗するとどうなるか。毎日の食費はかかりますし、家の家賃に加えて光熱費も毎月かかります。お店を出していればそのお店の家賃も光熱費も…です。時間の消耗によって、実に大きなお金がまさに溶けるように消えていくのです。

これはどんな商売でも基本的に同じです。ダラダラと時間を消耗すればしただけ、大きなお金が消えていきます。目の前の必要なお金を得るためにアルバイトで収支をとろうと奮闘すれば、「そもそも何をしたかったのか?」が完全に消えうせていってしまう…ということになりかねないのです。

立ち上げに必要な要素をできるだけ早く手に入れる。時間を短くできれば、それだけ有利になります。全力を尽くせればそれだけ確率もあがります。このことをどれだけ理解して、判断し、取捨選択できるか…こそが重要ということです。

こうした点を冷静に踏まえた上で、「自分は何をしたいのか?」を再確認するとき、現状にしがみつくのと、断ち切るのとで、どちらが速く動けるか、そして成功確率を上げていけるのか…。

あなたは、大事な2点を考えていますか? 得たいものを手にするために動いていますか?

著:五藤万晶

●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

がんばれコンサルタント!- 無料メールマガジン登録 -


●好評セミナー開催中!

開催実績80回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照


●書籍、好評発売中!

『コンサルタントのための"キラーコンテンツ"で稼ぐ法〈新装版〉』

コこれまでに350人以上を直接指導し、年収3,000万円はもちろん、1億円プレーヤーも多数輩出してきた核心、「コンサルタントビジネス成功の本質」を説いた珠玉の名著、ロングセラー&シリーズ化に伴い待望の新装丁で発刊!。詳細→ こちらを参照