がんばれコンサルタント! 第242話:コンサルタントとして知っておくべき自信と、その根源との関係性

●最新セミナー情報

大好評「コンサルタントのための5大戦略」セミナー3月、5月(東京)…受付中。絶賛90回以上の開催。「オンデマンドWEBセミナー」は、深夜早朝も随時参加でき好評です。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

●特別講座ご案内

がんばれコンサルタント!600号突破を記念して、「実学コンサルタント商売」ベーシック講座<全12回>を開催いたします。くわしくは、「コンサルタント講座」をご覧ください。

●最新刊のご案内

最新刊『コンサルタントのための“キラーコンテンツ”で稼ぐ法 〈新装版〉』『売れるコンサルタントになるための営業術〈新装版〉』、セミナー収録ダイジェスト判CD等を発売中。詳しくは、書籍・CDのご案内を参照下さい。

 

一流は実績と評価で自信をつくりだす。二流は試験と認定で自信を持とうとする。

 

「ゴトウさん、本格的活動を開始したら、周囲の人から“気でも違ったんじゃない? ”なんて言われてまして…」── 昨年、弊社のコンサルティングを受けられ、今年から本格活動を開始されたばかりの方から頂いたメッセージです。

コンサルタントとして活躍することを願い、様々な活動を重ねてこられた方です。下積みも長く、本当に多くのことをご経験されている方で、「何か最後の壁を突破できない」ということで、弊社にお越しになられた…という方です。

コンサルタントを目指す…という方にもいくつかパターンがありますが、大きく分けると、「コンサルタントになるために、ひとつひとつ勉強して準備を整えていく」という人と、ある時、「よ~し、コンサルタントになるぞ~!」的に、急にメラメラと目指す…という人とに分かれます。

後者の人は、その部分だけを見ているとかなり「行き当たりばったり」のように見えなくもないのですが、大抵の場合、いつも無意識に近いレベルで自分の未来について考えていて、いろいろな選択肢の中から、潜在的にコンサルタントもいいな~と思っていた方です。自分の未来を真剣に考える中で、様々な自分が持っている要素や条件を考えると、「それってコンサルタントが一番近い!」と芽吹くケースです。

いずれにしろ、この急にコンサルタント…という方の場合は、傍から見るほどは実は危なかしくはなく、中身も実務がしっかりされている方が大半です。言ってしまえば、最終的なビジネスの形態を「コンサルティング」にする…と選択しただけ…だからです。

問題は…と言うとなんですが、「コンサルタントになるために、コツコツ勉強を積み重ねてきました…」というパターンには、ご本人があまり気づいていないことが多いのですが、大きな問題が潜んでいます。

なにが大きな問題かと言えば、コンサルティングを「勉強するもの」と考えている点です。もっと言えば、勉強を重ねることがコンサルタントになる近道…と考えるその思考にこそ、大きな問題があるのです。

理由は単純です。ビジネスの世界で、特に経営者の事業展開のレベルにおいて、「お勉強の知識」で勝負できる世界などどこにもありません。せいぜい、担当者に偉そうに知識をひけらかすのが精一杯…です。学習塾ではあるまいし、これをコンサルティング指導と称するには、あまりに程度が低いと言わざるを得ません。

酷いことを言っているように聞こえますか? しかし現実には、もっと奇妙なことが起きています。冒頭の方は、「これから勝負の世界に本気で入っていく」と決められたのですが、周囲にいたこれまでの「お勉強スタイル」の人達は、こぞって「やめておけ」と言う訳です。これが何をいみしているのか…ということです。

重要なことは、この人達に能力がないとか、自信がないから…などと言っている訳ではありません。実際、伺えば、皆さん「自分は●●の公的資格を持っています」「○○のマーケティング学位を…」「■■の大会で1位になっています」「△△の上級認定を持っています」…などなど、自信たっぷりに誇らしげに語られます。

むしろ、冒頭のこれから勝負に出る…という方は、「心臓が飛び出そうなほど怖い…」と直接教えてくれたほどで、自信があるかどうか…で言えば、ほとんどゼロ?(笑)なくらいです。

では、このまま同じ状態が続くのでしょうか…。極めて重要なことは、ビジネスにおける「本物の自信は、本当のクライアントからしか得ることはできない」ということです。その他のことは、すべて単なる指標であり、バッチにすぎません。

クライアント以外の誰から認定されようが、資格があろうが、卒業しようが学位があろうが、上級だろうがエクセレントだろうが…同じです。満足感になることはあっても、それが本物の自信になることは決してありません。偶像にすぎないからです。

本物の自信は、クライアントに対しての実際の成果、そして評価を得ることで、はじめて少しずつ積みあがっていくということが根本原理であり、これ以外にありません。ですから、「教えること」をお勉強として教えている場合は、当然ながら、実務の指導とはまるで違う訳です。

うすうすこのことに気付いていているのでしょうか、自分たちのゾーンから飛び出していく人を心配するフリをして、実際にはやっかんでいるのでしょうか? そのゾーンを飛びだせない自分を自己肯定するために、去る者を否定しているのでしょうか?

何度もお伝えしていることですが、お勉強と現実・現場とでは、まるで違う世界です。お勉強は基礎知識としては役にたつかもしれませんが、それをどれだけ積み重ねたところで、本物のビジネスになることはありませんし、当然ながら本物の自信になることもありません。水に入らずに泳ぎの練習をする「畳の上の水練」と同じで、架空のものに違いないのです。

あなたが本物の世界で生きていこうと考えるなら、やるべきことはむしろ実に単純です。あなたは、本物の実務の世界で勝負をしていますか?

 

●コラムの更新をお知らせします!

コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

がんばれコンサルタント!- 無料メールマガジン登録 -


●好評セミナー開催中!

開催実績80回以上。売れるコンサルタントになるために、具体的にどう活動していけばいいのかを分かりやすく解説する実務セミナー。「まさに、眼からウロコ!」と絶賛。 詳細→ こちらを参照


●書籍、好評発売中!

『コンサルタントのための"キラーコンテンツ"で稼ぐ法〈新装版〉』

コこれまでに350人以上を直接指導し、年収3,000万円はもちろん、1億円プレーヤーも多数輩出してきた核心、「コンサルタントビジネス成功の本質」を説いた珠玉の名著、ロングセラー&シリーズ化に伴い待望の新装丁で発刊!。詳細→ こちらを参照